高血圧症と食事のバランス

高血圧症で一番大切なのは食事療法と運動療法による改善です。ここでは食事療法について詳しく解説しています。日々の食事の改善から高血圧の原因を見直し、それでもどうしても血圧が下がらない時は降圧剤の使用も考えましょう。

高血圧の方に、満足度の高い減塩食

高血圧の治療と予防に塩分を減らした減塩食が高い効果を上げる、というのは皆さんもよくご存知のことと思います。
とは言いましても、塩分を機械的に減らした食事は満足度が低くてつい醤油等の調味料をかけすぎてしまったり、間食に塩分の多いものがほしくなるといった状況を生み出すこともあります。
減塩食でもだしの味や酸味が程よく利いている料理は満足度が高いです。塩分がカットされた物足りなさを、だしの味わいや酸味が補って、美味しく感じられます。
高血圧の方がいるご家庭なら、普段食卓に出す醤油を塩分控えめの昆布醤油に変えたり、高血圧を引き起こすと言われる塩化ナトリウム分をカットした塩を使う、という方法も有効です。
食卓では、全てを減塩食にするのではなく、おかずのどれか1品は普通に味をつけて、後は塩分を減らしたもの、塩分を利用しなくても食べられるものにする、というのも減塩食に対する不満が和らぎます。
他にも、和食だと利用する塩分が高い傾向があるので、ヘルシーな洋食を取り入れることで塩分を減らすという方法もありますし、普段のお味噌汁に牛乳を少し混ぜてコクを出しながらも味噌の利用量を減らして塩分を減らして、満足度の高いお味噌汁を出す、という方法もあります。
また、食事は家族揃って和気あいあいとした雰囲気の中でいただきましょう。
それだけでも、楽しい雰囲気が良いスパイスになって、塩分が物足りない不満が緩和されるというデータがあります。
高血圧で塩分を減らすようにお医者様から指示があっても、おいしい食事を食べたいと願うのは、誰しも一緒です。
減塩食をおいしく食べられる楽しい工夫をご自分でも探し出すと、料理が楽しくなってくるかもしれません。