高血圧症と食事のバランス

高血圧症で一番大切なのは食事療法と運動療法による改善です。ここでは食事療法について詳しく解説しています。日々の食事の改善から高血圧の原因を見直し、それでもどうしても血圧が下がらない時は降圧剤の使用も考えましょう。

高血圧の受診状況等で長生きするかが左右される

高血圧症は現在日本の治療において、受診状況等を見ても最も知名度の高い生活習慣病の一つです。これらは近年になり「メタボリックシンドローム」という言葉ができるなど、糖尿病や脂質異常症などの他の疾患と相互に関連し合って動脈硬化を進行させ、場合によって他の合併症を引き起こし、時に重篤な状態となり平均寿命を下げたり健康でいられる期間が短くなる、といったことが起こります。合併症としては、脳血管障害として脳卒中(脳塞栓、脳梗塞)、心臓血管障害として心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、その他細かい血管を傷つけることにより腎障害や閉塞性動脈硬化症などが挙げられます。これら高血圧の合併症を避け、健康に長生きするためには、どのようなことに気をつける必要があるでしょうか。まず高血圧症は「サイレントキラー」とも呼ばれることがある疾患であり、自覚症状に乏しいというのが特徴の一つです。そのため、まずは自分の血圧が高いのか低いのか、といったことを把握する必要があります。職場の健康診断や、薬局や保健所、スポーツジムなどに設置されている自動の血圧測定器を使用することである程度把握できます。もし高ければ病院を受診し、その後は受診状況等を考慮して治療を続けることになります。場合により降圧薬を服用することも多くありますが、薬を飲んででも血圧をある程度下げておくことが将来の合併症のリスクを避け、長生きすることができると言われています。薬によって働き方や効果の発現にかかる時間、飲み方などが異なることもありますので、治療の際には薬の内容や受診状況等を薬の専門家である薬剤師に伝え、その力も頼っていきたいところです。長生きするなら健康でいたいというのは誰しもが持つ願いですが、それを叶えるための環境が日本は恵まれていると言っていいでしょう。